導入の勧め|ネットのセキュリティ性能を向上!ISO27001導入で会社を守る

ネットのセキュリティ性能を向上!ISO27001導入で会社を守る

導入の勧め

オフィス

勧められている理由

WAF以外にもファイアーウォールがありますが、実はWAF以外のファイアーウォールでは守ることができるデータベースに限界があるのです。外部からの攻撃を防ぐことができる範囲に限りがあると、色んなもので被害が見られるようになります。この被害から企業の信用性の喪失、売上の減少と大打撃を受けてしまいますので、全てのデータベースのセキュリティに特化しているWAFを導入してセキュリティのレベルを上げていくことが必要になるのです。WAFを実際に導入したことで、外部からの攻撃を一切受けていないという報告が確認されています。WAFはこのことからセキュリティレベルが高い安全なファイアーウォールと言えます。これはWAFを扱っている会社のホームページだけでなく、WAFの情報サイトで従来のファイアーウォールとWAFの比較の説明がされているので、一度目を通しておくと良いでしょう。

導入の取り組み

多くの企業にWAFの導入が勧められています。しかし、まだWAFを始めファイアーウォールの存在を把握していないところもあります。このことから、WAFやそれ以外のファイアーウォールを扱っている会社では、導入のための取り組みをしています。その取り組みには現状のセキュリティチェックというものがあります。現状のセキュリティ状態のままで充分であるか、そうでないかを調べるものです。セキュリティレベルが低いとWAFの導入が勧められます。セキュリティの確認はなかなか行なわないものですので、WAFの導入を考えていることをきっかけにセキュリティチェックを行なっておくと良いでしょう。